FC2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

いじめ #3いじめをなくすには・・・。

災害後の心ケア関連ブログ 心に不安や異変を感じる方ご覧になってみて下さい。
自立支援医療 埼玉県HP 心のお病気で通院されている方、ご覧下さい。
「待ちつづける動物たち」in旭山動物園 太田康介さん写真展8/5までを是非ご覧ください。

いじめについて言話してきましたが、3回目です。

悲しい事件があると、何故いじめはなくならないのかと、問われます。
まず、昔のいじめと最近のいじめは質が違うということですね。

昔は、背が極端に低い・極端に太っている・家が貧しいなど明確な
理由(正当性の理由ではありませんが)があったのですが、今は
明確な理由がなくてもいじめられるケースが多いです。

昔は、理不尽であってもいじめる理由があった、差があったのですが
理由なく目についたターゲットをいじめ、差をつけていく・・・。
自分と大して変りのない子に対して、「なんとなくムカつく」といった
気持ちでいじめていく。考えたら恐ろしい事です。

いじめる方は、ゲーム感覚の様なところがあります。
理由なきいじめですから、ターゲットが誰に代わるかわからないのですが
前回お話しした、いじめの4層構造理論での「無関心な傍観者」が多い場合
一人に集中して長期化する傾向があります。

動物の世界でも、突然変異のように色素が抜けて生まれる場合、味方
だとは認知出来ずいじめられるのは仕方がないでしょうが、人間は元々
肌の色も目の色も体格も様々です。

昔のように、体格が小さく弱いから、体格の良い強い者にいじめられるのは
時に、反骨精神が養われたり、貧しくいじめられた少年が立派な学者や経営
者になっている場合もありますが、現在のいじめは心を病んだり自殺して
しまったりと、とても悲しい結末になってしまいます。

いじめをなくそうというより、恐れて教育現場は変わってしまったように
思います。いじめをおそれるのではなく、「いじめ」が発覚すれば自分の
立場が、評価が下がってしまうという恐れです。

運動会で順位をつけないのは典型的で、1等の子がいればビリの子もいます。
悔しいと思う気持ち、運動をどれだけ頑張っても1等に慣れないなら算数を
頑張る、算数が出来ないなら国語を頑張る・・・。
人が出来て出来ない事に、悩み考え工夫していく。他人と競い合いぶつかって
挫折する、努力が報われるといった事が、人の痛みも努力も理解できる人に
なると思うのです。

人には得意不得意、得手不得手がある。出来る人を抜かしたいと頑張る。
頑張っても出来ない時に、相手を称賛し、出来る物は相手を助ける・・・。
良い意味での格差を知るという事、人は助け合っていくのだとう教育が
順位をつけない「差はない」と育てた事が、いじめという格差を生みだ
したような気がします。

現在、問題視されています、学校評価制度は良かれと思って作られた制度が
完全に裏目に出てしまっています。

そして、自殺事件がありますと、自殺した親御さんも責められる事が度々
あります。
自分の子供が悩んでいるのがわからないのかとか、子供に相談されない
頼りない親だとか、家庭教育がおかしいからいじめられる、放任主義など
子を失って、そのうえ裁判を起こせばお金が欲しいのかと誹謗中傷された
らかないませんね。

なかには弱いから自殺するという方もいらっしゃいますが、いじめに
遭っている本人はとても辛いと思います。
日本のような集団主義の文化を持って育っていると、大人も子供もなく
仲間が相互に守り合う、集団主義的に自己防衛していますから、それを
免疫システムと仮定しますと、仲間集団が自己の「免疫細胞」とします。
その仲間から、攻撃や破壊が起こるのですから、心理的免疫細胞はショック
やダメージを受け壊れてしまうということです。
身体も、この免疫システムの異常は、重篤な病気になります。
それの心理状態と言えます。

なぜ、親に相談しないのかの声も上がりますが、難しい問題です。
親を信頼していないのではなくて、子供にもプライドがありますから
いじめられている事を恥ずかしいととらえやすいです。
また、いじめから解放されている場所で、その事を思い出したくない
忘れたいという気持ちにもなります。
特に男の子は、「こんな事親に相談するなんて男らしくない、いつまでも
子供じゃない」と考えます。
こういった考えは成長過程で大変大切な気持ちですが、いじめに関しては
仇になってしまうのです。

いじめられている本人や親だけが頑張っても駄目です。
競争挫折しながらでも相手を認める、いじめを黙認しない教育をしていく事と
話せる相談できる場所を設け、学校と家庭との連携を取る事が重要かと思い
ます。
それには、家庭はもちろんですが、教育現場の見直しが問われる時期では
ないでしょうか・・・。


こども110番(法務省) コチラから 0120-007-110(全国共通・無料)
・受付時間 平日午前8時30分から午後5時15分まで 
「24時間いじめ相談ダイヤル」0570-0-78310(なやみ言おう)



いつも1ポチありがとうございます。  
スポンサーサイト



*Comment

No title 

いじめの話3つとも読みました。 アメリカもいじめの問題すごくあります。 でも「なんとなく」と言うのは無いような気がします。
ブリーと呼ばれる典型的ないじめっ子(バックトウーザフューチャーのビフのような)が弱弱しい感じの子をいじめたり、が多いですね。あとはゲイをからかわれて。 今問題になってるのはネットいじめです。 ひどいこと書き込んだり。 ちょっと日本のいじめの感じと違いますね。Masumiさんの記事すごくよかったです。 分かりやすくて、本を読んでるみたい。 ただで読んじゃっていいの?って思います。 きっとたくさんの方が参考になるのではないでしょうか?
いじめ、本当になくしたい。
  • posted by tomotan 
  • URL 
  • 2012.07/11 11:52分 
  • [Edit]

No title 

こんにちは。

私も「専門書」を読んでいるようでした。
でも、とってもわかりやすく書いて下さって、私のようなシロウトにも読みやすかったです。

教育現場で働く教師の方たちにも是非読んで頂きたいですネ。
学校でのイジメは、教師と保護者との努力で無くしていくことは可能だと思います。

あのう・・一つ訂正です。
旭川動物園じゃ無くて、旭山動物園でした・・(汗)
ごめんなさい~~
  • posted by Espero Lumo 
  • URL 
  • 2012.07/11 12:36分 
  • [Edit]

tomotanさんへ 

tomotanさん こんにちは。

>いじめの話3つとも読みました。 アメリカもいじめの問題すごくあります。 
>でも「なんとなく」と言うのは無いような気がします。

ありがとうございます。
そうですね。国民性とか文化性とかですが、ネットでの誹謗中傷的ないじめは
全世界共通ですね。

>ちょっと日本のいじめの感じと違いますね。Masumiさんの記事すごくよかったです。

内容が内容なので緊張しましたよ。
授業で習ったことなども、資料を引っ張り出して復習しました(^^ゞ。
 
>分かりやすくて、本を読んでるみたい。 ただで読んじゃっていいの?って思います。

それは大げさですよ・・・(でも嬉しいです)
 
>きっとたくさんの方が参考になるのではないでしょうか?
>いじめ、本当になくしたい。

いじめを何とかなくしたいし、苦しんでいる子たち絶対死なないでほしいです。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2012.07/11 17:45分 
  • [Edit]

Espero Lumoさんへ 

Espero Lumoさん こんにちは。

>私も「専門書」を読んでいるようでした。
>でも、とってもわかりやすく書いて下さって、私のようなシロウトにも読みやすかったです。

tomotanさんといいそれは、お褒めが過ぎますよ。
分かりやすかったと言ってくださるのが、本当にうれしいです。

>教育現場で働く教師の方たちにも是非読んで頂きたいですネ。
>学校でのイジメは、教師と保護者との努力で無くしていくことは可能だと思います。

そうですね。教育現場の方々には、隠してほしくないですね。
教師、大人は子供のお手本になってほしいです。
未来の子供たちを愛してほしいですね。

>旭川動物園じゃ無くて、旭山動物園でした・・(汗)

この前のコメントですね(^.^)。
ややこしいですよね!大丈夫ですよ~。たくさんの方が来園すると嬉しいですよね。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2012.07/11 17:56分 
  • [Edit]

No title 

こんばんは。

いじめの話3回とも読ませて頂きました。
私もいじめは無くなってほしいと願っています。
私に出来ることをしていきたいとも思っています。
…ふと今思ったのですが、いじめを無くすという思考ではなく
逆の発想で考えることは出来ないでしょうか?
そうすることによって結果いじめが無い状態になる的な…。


「いじめられている本人や親だけが頑張っても駄目です。
競争挫折しながらでも相手を認める、いじめを黙認しない教育をしていく事と
話せる相談できる場所を設け、学校と家庭との連携を取る事が重要かと思い
ます。
それには、家庭はもちろんですが、教育現場の見直しが問われる時期では
ないでしょうか・・・。」

私も同感です。
ただ誤解を恐れずに言うと、いじめる側も何らかの心の問題に囚われている(意識・無意識関係なく)と考えており専門的アプローチが必要ではないでしょうか。
  • posted by 斉藤 健一郎 
  • URL 
  • 2012.07/12 02:09分 
  • [Edit]

斉藤 健一郎 さんへ 

斉藤 健一郎 さん おはようございます。

>いじめの話3回とも読ませて頂きました。
>私もいじめは無くなってほしいと願っています。

ありがとうございます。本当にそう思いますね。
教育の在り方や家族構成、社会性など問題は色々あると思いますが
子供達だけの問題ではないですね。

>私も同感です。
>ただ誤解を恐れずに言うと、いじめる側も何らかの心の問題に囚われている(意識・無意識関係なく)と
>考えており専門的アプローチが必要ではないでしょうか。

私もそう思います。
教育現場、教育委員会の建前的な体制では、いじめをした方の心を救う事ができません。
せっかくスクールカウンセラーがいても、上手く機能していないように思います。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2012.07/12 08:19分 
  • [Edit]

No title 

ニュースで聞くと最近のいじめって陰湿なんだなぁ~と、驚きます。
やっていいこと、悪いことの区別がどこまでついているのか・・・。

葬式ごっこなんていじめている側ではおふざけでもそこで誰かが「それはやりすぎ」って思わないのか、思っても言うと「しらける」と思うのか・・・。

一部の生徒から情報が寄せられたのに、それを踏みにじる大人たちに子供たちは幻滅しないのでしょうか。それが心配ですよ、誰が次のターゲットになるかわからないし。


「なんとなく」いじめられる人・・・。
ああ、私の学生時代でもいましたよ。はたから見てると「なぜ、あの人が?」みたいな。

主たるいじめっこ以外は「可愛そう」とか「気の毒」だとか思っているけど、親しく話しかけられない・・・。
そういう人が多いだろうけど、そんな中でもふっと誰かの優しい言葉で救われると思うんだけどなぁ


>良い意味での格差を知るという事、人は助け合っていくのだとう教育が
順位をつけない「差はない」と育てた事が、いじめという格差を生みだ
したような気がします


本当にそう思います!

そんなにひ弱でこの先の競争社会でどうやって生き抜いていくんだ!って思います。

社会人になっても競争するのがいやで、苦しくなったらすぐやめるような大人になるんじゃないの?って思います。・・・と、いうかそういう若者が今多いようですねぇ・・・。


正々堂々と戦う場があって、順位をつけられるのは苦しいことだけど、次のステップに進むためには必要だと思います。


それに、自分の位置を知りたい願望・・・どこかにないですか?
ないのかなぁ、今の人は・・。
  • posted by ラーダ・ドゥーナ 
  • URL 
  • 2012.07/12 09:03分 
  • [Edit]

ラーダさんへ 

ラーダさん こんにちは。

>ニュースで聞くと最近のいじめって陰湿なんだなぁ~と、驚きます。
>やっていいこと、悪いことの区別がどこまでついているのか・・・。

ほんとうですね。悪質で陰湿ないじめを子供がするのかと思うと胸が痛みます。

>一部の生徒から情報が寄せられたのに、それを踏みにじる大人たちに子供たちは幻滅しないのでしょうか。
>それが心配ですよ、誰が次のターゲットになるかわからないし。

そうですね。子供は大人不信になるでしょうし勇気の芽さえも摘んでしまいますね。
誰でもターゲットになりますから「いじめをやめろ」と言った子がやられるケースもあるわけです。

>社会人になっても競争するのがいやで、苦しくなったらすぐやめるような大人になるんじゃないの?って
>思います。・・・と、いうかそういう若者が今多いようですねぇ・・・。

そうねんです。小さい時から身につけていく事が、今の若者は出来ていないのですよね・・・。
打たれ弱いというか、競争にくじけやすいというか、そう育てられたのですから子供だけを
責められないですけどね。大人がもっと考えなくてはいけませんね。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2012.07/12 09:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で認知行動療法やリラクセーションを主に成人女性専門のカウンセリングをしている心理カウンセラーの尾崎真澄です。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイスなどを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

QRコード

QR