カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

思春期の女の子が父親を嫌う環境的原因

自立支援医療 埼玉県心のお病気で通院されている方、ご覧下さい。

昨日の続きです・・・。

昨日は、思春期の娘が父親を嫌う理由に、HLA遺伝子というものが
関わる健康的な発達の一つとしてのお話をしました。

ようするに、娘さんが将来より良い子孫を残すためには、父方から
受け取った遺伝子と、パートナーの遺伝子が自分の父親と違えば
違うほどより強い遺伝子の子どもを残せることになります。
そのため、思春期(初潮を迎えた子)は、本能的に父親の匂いを不快
と感じるようになります。

この能力とフェロモンですが、子どものうちは親の発するフェロモン
をかぎ取る感覚器官が出来ていないので、幼い娘さんは父親にま
とわりつくようになつきます。
娘さんから、フェロモンが出る時期になると、自然に父親も娘さんと
ほどよい距離が取れますが、思春期の娘さんはまだそのフェロモン
は出ていなくて、かぎ取る能力が先になっています。
ですから、お父さんは幼い娘のまま可愛がり、ほどよい距離が取れ
ず娘さんに「臭い・ウザい」と言われてしまいます。

父親が娘を一人前の成体と認識したころ、両者の関係は一定の距離
をとって再び安定するということです。

女性のフェロモンに対する感度は、妊娠・出産とともに、落ちていくそう
です。

もうひ一つ、環境的に父親を嫌う理由についてお話します。

心理学的に調査したことによると、両親のことを仲が良いとみなしてい
ない・父親と会話をしない・父親と挨拶をしない女子高生ほど、父親の
ことを不潔だと思い、また父親と接触したくないと考えているこという結
果になったそうです。
父親と何かした記念日記憶があるかないかや、夕食やテレビなど同一
空間の行動があるかないかは、父親への嫌悪と関係なかったそうです。

両親の仲の良さという結果から、母親が父親をどう思っているのかと
いう母親からの影響が娘の父親に対する嫌悪を決めているのです。

母親が、父親の悪口や愚痴を言う、娘と一緒になって「臭い・ウザい」と
バカにするなどは良くありません。
思春期に娘が父親を嫌わない理由は、夫婦仲が良いことです。

ルームでのご相談にこんなケースがあります・・・。
思春期に母親からの影響で、ひどく父親を嫌った顔も見たくなかったし
口も利かなかった。
父親が自分に何かしたわけでもなく、母親の不満の捌け口のように父の
悪口で、思春期どころか物心ついた時には父親を嫌いになっていた。
母親は、父を嫌う私を見て投影的に気持ちが良くて、更に自分の所有物
にした。いつの間にか、いつも母親の目線で父親を見ていた。
社会人になって、岐路に立った時母親は感情論だったが、父親は冷静に
話を聞いてくれた。
今は、嫌い続けてきた父親と、どう接したら良いのか悩み、母親の感情の
犠牲になってきたと、母親に対して怒りと嫌悪感がある。

こんなケースもあります・・・。
娘が思春期になったころ、急に父親を嫌いだしたとき、つい面白半分で
娘に同調した。
「お父さんと一緒は嫌」という娘と一緒になって、食事も洗濯もしなくなった。
娘は母親とだけ話し、母親も娘とだけ話す生活が続いた時、夫から離婚を
言い渡された。離婚はしたくなかったけれど、主人の意思は変わらなかった。

こういった、娘さんを取り巻く環境的な原因で、父親を嫌うのは健康的な
本能の部分とは違うので、ほどよい距離が取れて改善されることがむず
かしいです。

さりとて、夫婦仲が良ければお父さんはどうでも良いということではない
です。お風呂上がりにパンツ一枚とか、腰タオルなどは思春期の女の子
は大変嫌がります。エチケットを持って、清潔に身綺麗にしておくことは
社会性でも大切なことです。

発達の一つとして、お父さんを嫌っている時は、将来素晴らしいパートナー
と出会う準備が始まったと、お手本になる男性を意識して、奥様と仲良く
娘さんとはほど良い距離が取れると、良い思い出としてこの時期を過ごせ
るのではないかと思います。
そこには、お母さんの協力が必要ですね・・・。仲良くしてくださいね(^^)






いつも1ポチありがとうございます。   
スポンサーサイト

*Comment

興味深いですね。 

こんにちは。
お父さん達、少しはホッとするでしょうか、嫌われる科学的背景が解明されて。
自然の流れとは言え、この変化期は結構辛いものがありますよね。
  • posted by yokoblueplanet 
  • URL 
  • 2014.09/21 14:21分 
  • [Edit]

Yokoさんへ 

Yokoさん こんにちは。

Yokoさんに、興味深いと言っていただけると、嬉しくなります。

>お父さん達、少しはホッとするでしょうか、嫌われる科学的背景が解明されて。

そうは言えども、日本のお父さん達は、お子さんがまだまだ幼い子供のように
思い、手や口を出し干渉したいようですけれど・・・。

>自然の流れとは言え、この変化期は結構辛いものがありますよね。

そうですね~。全く何も感じないというのも、健康と言えるか疑問ですし
過度に反応し過ぎたり、こじれるのも悲しいです。
お母さんが、良いクッション役になってくれると良いと思います。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2014.09/21 15:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは!
なーるーほーどーーー!!!
そういうカラクリだったのですね^^;
ついこの前、娘のお母様たちとそんな話をしていたところでした。
母として知っておくといいですネ(^^)
  • posted by Espero Lumo 
  • URL 
  • 2014.09/22 14:46分 
  • [Edit]

Esperoさんへ 

Esperoさん こんにちは。

>なーるーほーどーーー!!!
>そういうカラクリだったのですね^^;

抑揚を感じます(笑)
そう思うと、自然の力というか凄いなぁと思います。
つくづく自然の中で生かされている私達は、それを壊したり
変えては何かが狂ってしまうのだと感じますね。

お父様達も、ポジティブに受け止めて、お嬢様たちの将来の
パートナーのお手本になるように努力されると、双方に良い
ですね(^^)。

>母として知っておくといいですネ(^^)

はい。お母様方の良い意味での協力と態度が重要なカギになります。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2014.09/22 15:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で認知行動療法やリラクセーションを主に成人女性専門のカウンセリングをしている心理カウンセラーの尾崎真澄です。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイスなどを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

Rocio&Jason

リバーダンスでお馴染のフラメンコダンサーのRocioのフラメンコです。 タップダンサーのJasonとのダンスもあります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

QRコード

QR