カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

「奇跡の人」ヘレン・ケラーが生まれた日

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。
猫のシオン君が家族を募集しています! 

元気を出しなさい。
今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について
考えるのです。 
                 -ヘレン・ケラー-

今日は、幼い時に影響を受けた女性の一人ヘレン・ケラーが
生まれた日です。
ヘレン・ケラーは、昭和12、23、25年と三回の来日をしています。

-ヘレン・ケラーの一生-

ヘレン・ケラーは1880年(明治13年)6月27日に米国南部・アラバマ
州の小さな町タスカンビアにあるアイビー・グリーンと呼ばれる家
で生まれました。
恵まれた家庭で快活に育っていたヘレンが奇妙な高熱に見舞われ
たのは、1882年2月、生後19カ月の時。医師の懸命の治療で一命
はとりとめたものの、次第に視力と聴力を失う三重苦になります

両親は治療のために色々な医者を訪ねましたが、診断は同じです。
ある時アレクサンダー・グラハム・ベル博士に会うことを勧められま
した。

ベルは電話の発明(1876年)で有名ですが、実は母と妻が難聴者で
1872年にシカゴに聾学校を設立しており、ヘレンに会った頃は聾教
育でも第一人者でした。
ベルを訪ねたことにより、アン・サリバンとの奇跡の出会いとなります。

1887年4月5日、サリバンがケラー家にやって来て33日目。サリバン
はヘレンと散歩中に井戸へ寄った。そしてヘレンの手に水を注ぎな
がら「w-a-t-e-r」と指文字(指話法)で何度も綴っていると、突如とし
てヘレンは言葉と物を結びつけ、すべての物に名前があることに気
づいた。ヘレンはポンプなど数語を尋ねた後、サリバンの方を向いて
名前を聞いた。手の平に綴られたのは「t-e-a-c-h-e-r 」。“先生”の
名の通り、サリバンは人生の先輩として、全存在をかけてヘレンに向
き合っていく。

その後ヘレンは、ラドクリフ女子大学(現:ハーバード大学)に入学卒業
し文学士の称号を得ます。
教育家、福祉活動家、著作家として活躍し、日本にも三度来日します。

1936年(56歳)、70歳のサリバンは目の手術が体の負担になって衰弱
していき、「(ずっと昔)ヘレンが孤独な私の人生にやって来た。続いて
ポリーも。私たちはいつも幸せだった。神よ、私が居なくてもヘレンが生
きていけるよう助けたまえ」。と言葉を残し10月20日、アニー・サリバン
逝去。

1968年6月1日、ヘレンは誕生日目前で、自宅で永眠。享年87歳でした。
没後、日本政府は勲一等瑞宝章を贈りました。



「奇跡の人」は日本では、ヘレンの代名詞になっていますが、どうやら
サリバンの事だったようですね。
幼い日病弱だった私は、学校に行けずにこの本を読んだ時、「目も見え
る、耳も聞こえる、話もできる」と大きな勇気をもらいました。
そして、ヘレンにサリバン先生に会いたいと思いました。
素晴らしい女性たちです・・・。

ヘレンとサリバン(写真はお借りしました)
ヘレンとサリヴァン



いつも1ポチありがとうございます。    
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

私がヘレンケラーを知ったのは、マンガの「ガラスの仮面」ですねぇ・・・

あと、祖母が女学生の時に学校にヘレンケラーが来たそうで、アルバムにも写真がありましたよ。
もしかしたら、いっしょに先生も映っていたんですかね・・・
  • posted by ラーダ・ドゥーナ 
  • URL 
  • 2015.06/28 23:46分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは!
私も小さい頃にヘレン・ケラーのお話を読んで、「見えない、聞こえない、話せない」という世界を想像してとてもこわい!と思いました。
でもそのあとのヘレン・ケラーの生き方や考え方の素直さ素晴らしさに幼いながらも感動した覚えがあります。
三度の来日のどこかで私の母校にもいらっしゃっていて、学校にはその時の写真がありました。
幼い頃に本で読んだ偉人が、自分が学ぶ学校にいらっしゃったことがある・・・と知り、とても身近な人に感じて嬉しかったです。

>今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。 

素敵な言葉です^^
いつもこんな風に生きていたいな~って思いますね!
  • posted by Espero Lumo 
  • URL 
  • 2015.06/29 11:04分 
  • [Edit]

ラーダさんへ 

ラーダさん こんにちは。

>私がヘレンケラーを知ったのは、マンガの「ガラスの仮面」ですねぇ・・・

そうですか~私は小学校1年生の時ですね~(^^ゞ

>あと、祖母が女学生の時に学校にヘレンケラーが来たそうで、アルバムにも写真がありましたよ。
>もしかしたら、いっしょに先生も映っていたんですかね・・・

うわぁ~凄い‼‼‼羨ましいです(^^)
ヘレンさんが来日した時は、サリバン先生は他界されていたそうです。
それで、知名度が低くなって「奇跡の人」はヘレンの代名詞になったようですよ。
でも、お写真の宝ですね!
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2015.06/29 15:09分 
  • [Edit]

Esperoさんへ 

Esperoさん こんにちは。

>でもそのあとのヘレン・ケラーの生き方や考え方の素直さ素晴らしさに幼いながらも感動した覚えがあります。

本当ですね!私も読んだ時は、この子よりも頑張れるはずだと思っては弱音を吐いていた気もします(汗)
でも、幼いながら勇気と感動を覚えています。
後に映画を見てサリバン先生を尊敬しました。
本当の意味で理解が出来たのは、本を読んでからずいぶん後のことです。

>三度の来日のどこかで私の母校にもいらっしゃっていて、学校にはその時の写真がありました。
>幼い頃に本で読んだ偉人が、自分が学ぶ学校にいらっしゃったことがある・・・と知り、とても身近な人に感じて嬉しかったです。

うわぁ~~それは素晴らしい‼‼‼
未確認ですが北海道まではいらしていないかなぁ~
特に私の生まれ故郷は最果ての地ですから~

>>今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えるのです。

>素敵な言葉です^^
>いつもこんな風に生きていたいな~って思いますね!

数々の残された言葉の中でも、好きな言葉です。
ヘレンさんに励まされていると思って、苦難があっても顔を上げて生きていけます(^^)
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2015.06/29 15:23分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で認知行動療法やリラクセーションを主に成人女性専門のカウンセリングをしている心理カウンセラーの尾崎真澄です。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイスなどを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

Rocio&Jason

リバーダンスでお馴染のフラメンコダンサーのRocioのフラメンコです。 タップダンサーのJasonとのダンスもあります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

QRコード

QR