カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

救助された犬・・・ペットと同行避難

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。

関東、東北地方で水害被害に会われた方々に心から
お見舞い申し上げます。

茨城県常総市では、鬼怒川の堤防決壊で大規模な洪水が
起こってしまいましたが、常総市市長の会見によりますと、
決壊前に住民に避難指示は出されていなかったようですね。
予想外の雨に、避難指示が追い付かなかったのですね・・・。

いまだに、電気や水道などのライフラインが停止し、住民
の生活基盤が失われたままだということです。
浸水域で救助活動のため、感電の恐れから送電出来ない
ようですが、袋小路になっているような地域が、排水しにく
くなっているようですね。

決壊直後、濁流のように流れる水には、恐怖を感じましたが
自衛隊ヘリが、取り残されている方々の救助をテレビは生中
継していました。電信柱につかまっている男性、ベランダから
救出されるお年寄り達、次々に救出される中、屋根に上って
いるご夫婦と見られる胸には、二匹の犬が抱かれていました。
水面から二階部分と屋根しか見えなくなって、濁流がゴーゴー
と流れる中、屋根の斜面に二人と二匹・・・。
私も救助を見守りながら、救助された時は胸をなでおろしまし
たが、自衛隊隊員が犬も一緒に救助した事が、議論になった
ようですね。つぶやいたユーザーは、規則やルールの中で小
さな命を助けたことにを好意的に捉えてのことだったのが、思
わぬ議論になったのでは?との事です。


環境省では、災害時にペットと同行避難することを推進するガ
イドラインを出しています。
東日本大震災の経験を踏まえ、2013年11月に作成したもので
同行避難は「動物愛護の観点のみならず、放浪動物による人
への危害防止や生活環境保全の観点からも、必要な措置であ
る」
とされています。

ペットも大切な家族として、ともに避難するには飼い主さんも
日頃から、予防接種や不妊手術、飼い主明示用のマイクロ
チップ装着、キャリーバックに入る習慣などの躾をしっかりし
ておくことも大切です。そして周りの理解と協力ですね。

災害報道中には、二匹繋がれているのか首まで水に浸かって
物悲しそうな犬が映し出されていました。
あの犬達が助かったのか、いまはわかりません・・・。

ペット救出に警察庁も消防庁も特にルールはないようです。
現場に任されるというのも、問題はあるかと思います。

映像では、たくさんの方がペット、犬や猫や鳥と避難している
姿も見かけました。

救助
しっぽがある大切な家族・・・(写真お借りしました)





いつも1ポチありがとうございます
スポンサーサイト

*Comment

同行避難 

こちらはまだ読んでいませんでした。
ペットとの同行避難が当たり前となってくれたらいいなと思います。広めていけたらと思います。

リアルタイムでの放送を見て母も涙が止まらなかったと言っていました。報道のヘリが救助の邪魔にならなかっただろうかと心配してしまいましたが、、。
同じ写真かはわかりませんが、ニュースで見たワンちゃんは助からなかったそうで、ショックです、、。 

今回もツイッターで救助要請をしたり、それから流れてきたワンちゃんを保護しましたと、その写真を拡散して飼い主さんが見つかったり、スマホのとてもよい使い方だと思いました。
  • posted by tomotan 
  • URL 
  • 2015.09/14 08:56分 
  • [Edit]

NoTitle 

こんにちは!
私もちょうど家に居て救出の様子を見ました。
わんちゃんがじっとしていていい子でよかったです。
様々な意見や辛辣な言葉もありますが、目の前の命の危機をどう救うのか、ということは、この自衛隊の方たちの行動が答えのすべてではないかな、と思いました。

東日本大震災のころに比べたら、ペットも一緒に避難する人も増え、報道もよく取り上げてくれていて私はちょっと嬉しいです。
まだまだだなぁ・・と思う部分もありますが・・。
  • posted by Espero Lumo 
  • URL 
  • 2015.09/14 14:56分 
  • [Edit]

tomotanさんへ 

tomotanさん こんばんは。

>ペットとの同行避難が当たり前となってくれたらいいなと思います。広めていけたらと思います。

本当ですね。まだまだ理解されていらっしゃらない方も多いですし
飼い主さんも、躊躇される方も多いと思います。

そうなんです。
報道のヘリが多くて助けを待っている人は、そんなヘリにも手を振っていました。

>今回もツイッターで救助要請をしたり、それから流れてきたワンちゃんを保護しましたと、その写真を拡散して飼い主さんが見つかったり、スマホのとてもよい使い方だと思いました。

そうですね(^^)
便利な機能は、気持ち良い最善の形で使いたいですね。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2015.09/14 18:02分 
  • [Edit]

Esperoさんへ 

Esperoさん こんばんは。

>わんちゃんがじっとしていていい子でよかったです。
>様々な意見や辛辣な言葉もありますが、目の前の命の危機をどう救うのか、ということは、この自衛隊の方たちの行動が答えのすべてではないかな、と思いました。

本当に・・・とてもお利口なワンちゃんで、ホッとしました。
あの濁流は、怖かったと思います。
自衛隊さんの救助の仕方に、何とも言えない感動でした。

>東日本大震災のころに比べたら、ペットも一緒に避難する人も増え、報道もよく取り上げてくれていて私はちょっと嬉しいです。

私もそう感じます。東日本の時は本当にすぐ帰れると皆さんが信じていて
帰れないと知った時、とても不安だったと思います。
それが教訓となって、ガイドラインができて同行避難がしやすくなりました。

そうは言っても周囲の理解や、避難所でのあり方が課題でしょうね。
救助する方にも統一したルールも必要かなと思います。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2015.09/14 18:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

私はペットを飼ったことが子供の頃にほんの少ししかないのですが、ペットは家族の一員とか言いますしね・・・

いろんな意見はあるでしょうが、こんな場にペットだけ残して自分たちだけ救助される・・・なんてことになったら、心の整理ができないんじゃないかな~と思います

最近はペットの忌引き休暇ってのも認められつつあるそうですね
ペットが亡くなった、もしくは危篤状態なので・・・と休むのはどうか?って話でしたが・・・。

ううむ。
なかなか難しいところではありますが、大事な命ですからね・・・
  • posted by ラーダ 
  • URL 
  • 2015.09/14 22:37分 
  • [Edit]

ラーダさんへ 

ラーダさん こんばんは。

>いろんな意見はあるでしょうが、こんな場にペットだけ残して自分たちだけ救助される・・・
>なんてことになったら、心の整理ができないんじゃないかな~と思います

そうですね・・・。
私は20年以上ペットと共に暮らしましたが、家族の一員だと思っていました。
ペットを飼う人も、飼わない人も共に暮らすには、ルールを守って理解
し合わなくてはならないと思いますが、アレルギーなど避難先では難し
い問題が生じると思います。

でも、動物にも命があります・・・。
様々な避難の時の聞き取りから、対応策を考えなくてはいけませんね。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2015.09/15 18:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で認知行動療法やリラクセーションを主に成人女性専門のカウンセリングをしている心理カウンセラーの尾崎真澄です。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイスなどを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

Rocio&Jason

リバーダンスでお馴染のフラメンコダンサーのRocioのフラメンコです。 タップダンサーのJasonとのダンスもあります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

QRコード

QR