カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

大英自然史博物館展・・・凄かった~

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。

先日、大英自然史博物館展に最終日一日前と大変混雑が予想され
ましたが行ってきました。

大英自然史博物館(ロンドン自然史博物館)はロンドンにある博物館
とご存じの方も多いと思いますが、自然史系博物館としては世界トッ
プクラスの博物館です。
今回の展覧会の英語タイトルは「TREASURES of the Natural World」・・・
どんな「宝物」たちに出会えるか期待が膨らみます。

IMG_2304.jpg
展示会場の最後に記念撮影できるポイントがあります。

IMG_2307.jpg
チケットと混雑のため入場整理券が配られました。

IMG_2240.jpg
大英自然史博物館は、アイルランドの医師 ハンス・スローンの個人
コレクションからはじまっているそうです。
これにちなんでか、ここから先は自然科学に大きな功績を残した「人物」
に注目した展示となっていました。

IMG_2239.jpg

IMG_2245.jpg
「古代エジプトのネコのミイラ」
大英自然史博物館には、250体以上の動物のミイラ・コレクションがあり
中でもこのミイラは、エジプトの猫の姿をした女神・バステトへの生け贄
だったのだそうです。

IMG_2256.jpg
ダーウィンのコーナーに入っていきます。
ダーウィンがビーグル号の航海で収集したものなどが展示されています。

IMG_2306.jpg
ニュージランドの巨大な絶滅鳥モアの全身骨格

IMG_2257.jpg
ダーウィンがガラパゴス島から持ち帰った鳥を同定し、異なる嘴を持って
いてもすべてフィンチであると気付いた。

IMG_2261.jpg
ダーウィンの「種の起源」の手稿。
彼がこの本で提唱した進化論は、当時大きな議論を呼び、1859年に出版
した初版はすぐに売り切れたそうです。

IMG_2263.jpg
ウォーレスのオランウータン
アルフレッド・ウォーレスは進化論の発展に重要な役割を果たした人物です
、これは彼がマレーシアとインドネシアに8年間滞在中に捕獲したオランウー
タンです。

IMG_2268.jpg
特に絶対見逃せない標本としては、「始祖鳥」のタイプ標本の実物展示です。
※タイプ標本というのは、基準となる標本のこと。新発見等があれば、かならず
タイプ標本と比較検討して、新種認定等が行われる


19世紀にダーウィンが予言したとおり、どうやら鳥類は恐竜から進化していった
というのが最近の学説の主流となってきていますが、この始祖鳥のタイプ標本は
まさに鳥類とも恐竜とも言えない、中間的な形態を持った貴重な化石なのです。

世界にわずか12点しかない「始祖鳥」の標本化石。
日本に始祖鳥の標本化石が来日したのは、1986年のベルリン標本、 2011年の
サーモポリス標本についで、今回がまだ3度目なのだそうです。

この前は満員電車ほどの混雑で下が貴重な物を拝見いたしました。

IMG_2272.jpg
このヒクイドリの剥製は特に出来が良くて、生きている様です。
ロスチャイルドコレクションの剥製、保存状態も出来映えも素晴らしいですね。

IMG_2276.jpg
小城隕石・・・1741年佐賀県に落下

IMG_2277.jpg
薩摩隕石・・・1886年鹿児島県に落下

IMG_2278.jpg
東公園隕石・・・1897年福岡県に落下

IMG_2279.jpg
水晶・・・宮本村(現:山梨県山梨市)

IMG_2280.jpg
輝安鉱・・・愛媛県西条市の市之川鉱山(現:閉山)

IMG_2282.jpg
音声ナビゲーター俳優の山田孝之さん一押しのプラチナコガネです。
宝石にしか見えない輝きです。

IMG_2289.jpg
ドードーはマダガスカル沖のモーリシャス島に生息していた絶滅鳥類。
ポルトガル語で「のろま」の意味。人が入植して食用にされ50年で絶滅
したそうです。完全な標本は実は1つも存在せず、実際の姿は謎のまま
です。この模型も、現存する骨などを元に研究者が作ったものです。

IMG_2295.jpg
鉱物標本.中央はラトルーブ金塊と呼ばれる717グラムの自然金塊です。

IMG_2298.jpg
ビルとダウン人の頭骨復元・・・・

大英自然史博物館も、長い歴史の中では恥ずかしい黒歴史的な事件もあり
ました。しかし、それを逆手に取って、自分自身への戒めや反省材料として、
展示されているものです。

1912年、アマチュア考古学者だったチャールズ・ドーソンがイングランドのピル
トダウンという町の周辺で見つけたと称した、類人猿と人類の進化の「ミッシン
グ・リンク」を埋めるとされた捏造された人骨の標本。
1953年にフッ素年代測定により、オランウータンの骨と現代人の人骨を加工し
たまっかな偽物であると判明しました。
その偽装の手口は非常に巧妙だったため、当時から検証に関わった研究者た
ちも全く気づかず、おおよそ40年間の間、世界中の科学者達がこの「ピルトダウ
ン人」を、ネアンデルタール人やクロマニヨン人たちと同じく重要な資料と位置づ
け、研究を続けてきたのだそうです。

これを教訓として、大英自然史博物館では「贋作」とわかったピルトダウン人の資料
一式を保存し、100年後にさらに進んだ分析法を使って再鑑定するのだそうです。

IMG_2300.jpg
モルフォチョウ
蝶の構造色の研究のために大英自然史博物館で飼育されているそうです。


いや~~~大変貴重な展示物を拝見いたしました。
もっと早く平日に行けば良かったと後悔しております。あまりの混雑と次の予定時間
が迫り見落とした展示物もあり残念です・・・・。
大英自然史博物館は、8000万点にのぼる博物学標本のコレクションを所蔵している
そうですが、今回370点が展示されたそうです。
今回展示された物の中で、ロンドンで常設展示されている物はわずか17点だったそう
です。お宝拝見いたしました(*^_^*)


いつも1ポチありがとうございます 
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で認知行動療法やリラクセーションを主に成人女性専門のカウンセリングをしている心理カウンセラーの尾崎真澄です。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイスなどを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

Rocio&Jason

リバーダンスでお馴染のフラメンコダンサーのRocioのフラメンコです。 タップダンサーのJasonとのダンスもあります。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

QRコード

QR