FC2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

赤ちゃんの愛着について・・・

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。

埼玉地方は、良いお天気の週末となりました(^^)

前回、「子どもの脳を傷つける親たち」の本をご紹介しましたが、子どもを育てる上で大切な「愛着」についてもう一度お話ししたいと思います。

三つ子の魂百までの言葉通り脳や運動能力感覚、感情、思考言語能力などすべてが乳児期~幼児期に成長します。なかでも重要なのは「愛着(アタッチメント)」です。 母親(母親と同等の世話をする人)など特定の人と結ばれる愛着はその後の人間関係の核となります。    

この愛着というものは大変重要なもので、愛着を形成された幼児は自己主張、自己抑制、社会的ルールの理解、他者への思いやなど対人関係の基礎を身につけていきますが、愛着が不安定な場合基本的信頼が乏しいため対人関係が困難になり社会的能力支障が起きます。

子どもの愛着形成が障害されたまま成長したような場合、自己の存在自体に自信がもてない、自尊心が確立しにくい、社会性がず対人関係が不安定になり、様々なこころの問題を引き起こす可能性が指摘されています。自分は親から愛されていない・自分には人から大切にされる価値がない自分は自分の意見や考えを話してはいけないというような自己否定感や精神的な圧迫感を慢性的に感じることによって、対人関係への適応に障害が起こるなどです。

【愛着には臨界期がある】
愛着の形成は、いつでも起きるというわけにはいきません。インプリンンティング(刷り込み現象)と同じように、愛着形成が可能な時期は生後の一定期間に限られます。この期間は「臨界期」と呼ばれ、生後一歳半頃までが、その期間に当たります。その時期を過ぎてしまうと、愛着形成はスムーズにいかなくなるといわれ後から取り戻そうとしても難しく、愛着障害の原因としてまずこの時期に母親とのかかわりが不足することが挙げられています。


子供は、考える力が未熟ですから親が怒ったり泣いたりしていると 自分のせいだと思ってしまいます。両親が不仲で、母親がいつも泣いたり怒ったりしていますと、子供は自分のせいだと思ってしまい自己肯定感が低くなり存在価値に不安を持ちます。子供の前でそのような態度をとってしまった時は必ず「あなたのせいではない」という事を伝えてあげて下さい(出来れば子に見せないほうが 望ましいです)。

健康的な親子関係が持てませんと、先に言いましたように様々な障害が 起きる事があります。対人関係はともかく、適応障害、強迫性障害、全般性神経障害などですがそうすると、また我が子の間でも愛着形成が難しくなり代々繰り返していく事にもなりかねません。

では、赤ちゃんが示す愛着行動と愛着形成についてお話しします。

【愛着行動】
・発言行動
 発信行動とは、自分のお世話をしてもらうためや欲求を満たすために、ママの
 注意を引く行動のことをいいます。ママに自分のところまで来てもらうために泣
 き声を上げる、ママの関心を引くために微笑む「生理的微笑」、喃語などによっ
 て声を出すことなどが発信行動にあたります。

・定位行動
 定位行動とは、安心感を得るためにママがどこにいるのか確認する行動のこと
 をい います。

・接近行動
 接近行動とは、不安を感じた時などに、自分からママの方に近づこうとする行動
 のことをいいます。ママにしがみつく、ママに向かってハイハイする、後追いをす
 るなどの行動は、赤ちゃんが自ら起こしている愛着行動なのです。

愛着形成にはこういった行動に応えていくことが大切です。赤ちゃんが笑ったら笑い返してあげる、ママの笑った顔を見て赤ちゃんは生理的微笑みから社会的微笑みを覚えていきます。次にアイコンタクト、赤ちゃんは常にママの姿を目で追っています。ママの姿が見えないときは「ここにいるよ」と声をかけてあげましょう。そしてスキンシップです。赤ちゃんが抱っこして~と愛着行動を見せたときは家事の手を休めギュッと抱きしめて下さい。

ママが疲れているとき、体調が悪いときはパパや周りの人がかわってあげて下さい。
赤ちゃんにとっての安心基地は、一生の宝物です。

IMG_2803.jpg
公園のもみじが燃えるような紅葉になりました。


いつも1ポチありがとうございます      
スポンサーサイト



*Comment

NoTitle 

三つ子の魂百までってよく聞く言葉でしたが、深い意味があったのですね。

思い通りに子育てできず、悩みつつ親も成長するのでしょうが、大事な期間を大切にしてほしいですね

あとで後悔したところで、刷り込まれてしまった感情を塗るかえることほど困難な事はないでしょうし・・・

また、お母さんだけでなく家族や周りの人の協力も大事ですね
  • posted by ラーダ 
  • URL 
  • 2017.11/25 17:30分 
  • [Edit]

ラーダさんへ 

ラーダさん こんにちは。

>三つ子の魂百までってよく聞く言葉でしたが、深い意味があったのですね。

そうですね~。昔の人は物事の道理を上手く言い当てていますよね。

>あとで後悔したところで、刷り込まれてしまった感情を塗るかえることほど困難な事はないでしょうし・・・

そうなんです・・・。カウンセリングをしていても自己否定の感情は難しく感じますね。
ご本人もどうしようもないというか、改善に時間が掛かります。
自己肯定感や自信と言ったことを、大人になって作り直すのはなかなか難しいです。

>また、お母さんだけでなく家族や周りの人の協力も大事ですね

はい。母親だけに育児の負担を追わせると、やはりストレスや疲れを感じますから、周りの協力が必要です。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2017.11/26 09:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で、認知行動療法やリラクセーションを主にカウンセリングをしている心理カウンセラーです。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイス、時々パワースポット、御朱印の旅もあります。芍薬が大好きでお花巡りもお楽しみに。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

QR