FC2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

パートナーより先に逝きたいか・・・

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。

さいたま市は、夏日の気温になっておりますが湿度が夏のようには高くない分良いですね。

先日、女優の朝丘雪路さんが、アルツハイマー型認知症によりご逝去されたという報道で、夫の津川雅彦さんが自分より先になくなってくれたことに感謝と話されていましたが、深い意味が込められていますね・・・。

世間的な意識調査では、女性よりも男性の方が、配偶者より先に死にたいと考える人が多いそうです。「自分が先に」と答えたのは男性は78%、女性50%となっています。
調査では既婚者694人に「自分が先に死にたいか、後に死にたいか」も尋ねた。男性ではどの年齢層でも「自分が先に」が多かった。女性は50代までは男性と同様に「自分が先に」が多かったが、60代以上で逆転し、「自分が後に」が多くなり、70代では67%を占めたそうです。

巷では、パートナーの死を迎えたとき、女性が残されたときはパートナーの死を乗り越えた後、新たな人生を生き生きと過ごせる反面男性が残されたとき、後を追うようにいってしまう・・・またはお病気になったり元気がなくなってしまうなどと言われますね。
思い起こせば、津川雅彦さんのお兄様の長門裕之さんが、奥様の南田洋子さんを長い間介護されて亡くなった後、後を追うように亡くなりました・・・。

「自分が先に」と答えたその理由を聞くと、男女とも「パートナーを失う悲しみに耐えられない」が最多。「死ぬときにそばにいて欲しい」「パートナーがいないと生活が難しい」が続いたそうです。

「自分が後に」を選んだ理由を聞くと、男女ともに6割が「パートナーの最期をみとってあげたい」を挙げ、「パートナーの生活が心配」は男性で3割、女性5割だった。

理想の死に方を全体に尋ねると、心臓病などでの「突然死」は8割が望み、病気などで徐々に弱る「ゆっくり死」は2割だったそうです。一方、大切な人の死の場合は、ゆっくり死が4割に増え、20代では過半数を占め、年代ごとに開きがあったそうです。

私も以前はぽっくり死にたいと思っていましたが、最近はゆっくり死にたいけれど、苦しみたくないという贅沢な思いです・・・。
痛くなく苦しくなくボケもない病気で、ある程度余命が分かりきちんとお片付けして、皆にお別れを言って感謝の気持ちを伝えてさよならしたい・・・。
そんな病気無いですよね。でも、心からそう願っています。

IMG_3516.jpg
ルームの芍薬、綺麗に咲いています(^^)





いつも1ポチありがとうございます  
スポンサーサイト



*Comment

NoTitle 

津川雅彦さんの言葉は染みましたね~
やはり、ご自身で奥様の介護をした経験で「自分が先にいなくなったら・・・」という不安があったのだと思います。

うちも介護経験があるので、その言葉の意味が染みますよ。ある意味「先にわからなくなったもの勝ち」というのはあるかも・・・。残していく方は悔いが残るでしょうけどね・・・

ピンピンコロリという言葉が高齢者の間で「理想のしまい方」だと話題になったことがありますが、長い闘病生活では相手にも負担をかけるし金銭的にも不安だし・・・ってのはありますね

かと言って、家族の納得のいかない「突然」はやっぱりいやです。

家族の関係の在り方が昔とはだいぶ変化して、時代的にもしょうがないところはあるとは思いますが・・・。

「自分の理想の人生とは」と、いくら理想を描いたところで、結局は前世(前々前世?)からの行いだった・・・とか言われりして・・・

いやいや・・・未来は地道に作るモノ・・・か・・・な~?

とりあえずは日々の健康管理、負担にならないぐらいに家族とのコミュニケーションかな
  • posted by ラーダ・ドゥーナ 
  • URL 
  • 2018.05/25 20:32分 
  • [Edit]

ラーダさんへ 

ラーダさん こんにちは。

>津川雅彦さんの言葉は染みましたね~

はい。酸素チューブをつけての会見・・・久々に拝見致しましたが
やつれられたような気がしました。
身の回りにも起きている老老介護と言いますか、診る方も診られる方も
年齢がいっている。

私の周りでも、親御さんが認知症でなかなか大変な苦労をされている方が
いらっしゃいます。
何度も同じ事を聞く、夜不安や排泄能力の低下から何度も起こされる。
分かっているけれど同じ事を何度も何度も聞かれると、イライラしてしまう・・・
介護もやはり見ると知るでは大違い。

健康に歳を取るということは、難しいですね・・・。

長々介護されるならぽっくり逝きたいとも思いますが、突然逝ってしまうには
残された人が困らないようにしておかなくちゃ・・・と思いますね。

終活、エンディングノートが必要なんでしょうかね・・・

なるべく心身共に健康で居られるようには、本人の注意努力ですからね!
私も夢に向って頑張ります!(^^)!
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2018.05/26 14:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で、認知行動療法やリラクセーションを主にカウンセリングをしている心理カウンセラーです。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイス、時々パワースポット、御朱印の旅もあります。芍薬が大好きでお花巡りもお楽しみに。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

QR