FC2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

伊勢から熊野三山の旅 #5

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。

伊勢、熊野三山の旅最終日は、定期観光バスで巡ります。あいにくの雨ですが、きっとお清めの雨でしょう・・・


「熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)」、「熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)」、「熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)」の3社を熊野三山と呼びます。熊野三山は、和歌山県の南東部にそれぞれ20~40㎞の距離を隔てて位置しており、「熊野古道(熊野参詣道)中辺路」によって、お互いに結ばれています。

IMG_3936.jpg
熊野本宮大社は、全国の熊野神社の総本宮にあたる神社で熊野三山のひとつです。かつて熊野川の中州に鎮座しており、明治22年(1889年)8月の洪水で流され、流失を逃れた社殿が現在の場所に移されたそうです。神社入り口の鳥居をくぐり158段の階段を上りきると広い境内には拝殿と神門があり、古色ゆかしい雰囲気を漂わせています。階段辛い・・・と思いましたが後にここは楽だったと思います(≧◇≦)


IMG_3937.jpg
門をくぐって、向かって左手の社殿が牟須美(むすみ)・速玉(はやたま)の両神。

IMG_3938.jpg
中央は主神の家津美御子神(けつみみこのかみ)。そして右手は天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。

IMG_4016.jpg
創建2050年記念御朱印帳です。今回の目的の一つ・・・これが買いたかった(^^)

IMG_4017.jpg
熊野本宮御朱印です。

IMG_4018.jpg
記念御朱印は、書き置きで金字です。

IMG_4019.jpg
産田社(うぶたしゃ)伊邪那美命の荒御魂がお祀りされている産田社の御朱印です。新たなものを生み出すパワーを感じる神社だそうです。

IMG_4020.jpg
かつて熊野本宮大社があった大斎原 社の御朱印です。

IMG_4015.jpg
熊野牛王神符、通称「オカラスさん」
通称「オカラスさん」とも呼ばれる熊野牛王神符(牛王宝印)は、カラス文字で書かれた熊野三山(本宮・新宮・那智各大社)特有の御神符です。カラス文字の数は、各大社によって異なります。本宮の熊野牛王神符は、八十八の烏が見事にデザインされており 木版で手刷されたものを熊野宝印と認めています。

IMG_4006.jpg
本宮の参拝記念は、夫婦箸です。(定期観光バス乗車お土産です)

IMG_3939.jpg
定期観光バスには昼食が付いていました。炭水化物祭りのようでしたが(笑)

IMG_3952.jpg
熊野速玉大社は、熊野三山のひとつとして全国に祀る数千社の熊野神社の総本宮です。

IMG_3957.jpg
御祭神は、熊野速玉大神(いざなぎのみこと)・熊野夫須美大神 (いざなみのみこと)を主神に、十二柱の神々を祀り上げ、新宮十二社大権現として全国から崇敬を集めています。

IMG_4021.jpg
熊野速玉神社御朱印です。

IMG_4022.jpg
神倉神社御朱印です。
神倉神社は市街地の西、権現山(神倉山)の南端に鎮座する、熊野速玉大社の飛地境内摂社です。「ゴトビキ岩」を御神体とし、高倉下命(たかくらじのみこと)・天照大神(あまてらあすおおみかみ)を祭神としています。

IMG_4012.jpg
熊野牛王符は、火難除け・盗難除け・家内安全・病気平癒などで、あらゆる災難から身を守ってくれるお守りであるそうです。

IMG_4007.jpg
速玉で頂いたお土産の御縁鈴です。(鈴の音は、祓い清めの音ですが美しく響きます)

IMG_3963.jpg
道の駅も神社風です。

IMG_3976.jpg
熊野古道は主なルートで6つ存在する。吉野から前鬼を経て熊野に至る大峯奥駈道(約140km)をはじめ、大阪方面から紀伊に至る紀伊路(紀路とも)、高野山からのルートである小辺路(約70km)、紀伊田辺から熊野へのルート中辺路(なかへち)、紀伊田辺から海岸沿いに串本を経由して熊野那智に至る大辺路(約120km)、そして伊勢から熊野に至る伊勢路(約160km)だそうです。このうち紀伊路の一部を除く5つが世界遺産に登録されています。時間の都合で古道は歩きませんが、神聖な雰囲気を感じました。

IMG_3982.jpg
那智の滝、高さ133m・銚子口の幅13m ・瀧壺の深さは10m以上あり、流下する水量は普通毎秒1トン程度といわれています。この滝の上流には二の滝、三の滝があり総称して那智の大滝とされています。 

IMG_3979.jpg
熊野那智大社の別宮・飛瀧(ひろう)神社のご神体として祀られています。
この滝の階段は、偶然にも滝の長さと一緒だそうですが133段下ってみます。雨で水量が多く大迫力です。

IMG_4023.jpg
那智滝御朱印です。

IMG_3985.jpg
最後は那智大社です。先ほど133段の階段を上って数分後、この鳥居の先467段を上ります。
主祭神は熊野夫須美大神(くまのふすみのおおかみ、イザナミノミコト)夫須美(ふすみ)とは「むす」という生成発展を意味する言葉であり、同時に「結(むすび)」という意味を持っているそうです。このため、かつては「結宮(むすびのみや)」という通称で呼ばれていたそうです。本殿は改修中で、残念ながらすべて覆われていましたのでお写真はありません。

IMG_3987.jpg
八咫烏(やたがらす)・御縣彦社(みあがたひこしゃ)
八咫烏(やたがらす)は熊野の神様のお使いである、三本足の烏です。より良い方向へ導く、お導きの神様とされ、熊野那智大社の境内にある御縣彦社(みあがたひこしゃ)でお祀りされています。また、正面には八咫烏の銅像があります。


IMG_4024.jpg
熊野那智大社の御朱印です。

IMG_4025.jpg
御縣彦社の御朱印です。

IMG_4010.jpg
昔は、契約書としても利用されていたそうです。
牛王符に契約を書くことは、熊野権現に対して誓ったということであり、契約を破ると神罰が下るといわれています。契約を破ると、熊野権現の使いの烏が三羽死に、そして破った本人も血を吐いき地獄に落ちるといわれていたそうです。
うかつに約束事は書けない・・・(..;)

IMG_4008.jpg
那智大社のお土産です。

IMG_4009.jpg
青岸渡寺の三重塔と那智の滝を見るところまで行けませんでしたが、お土産の御詠歌は頂きました。

最後に来てこの苦行のような階段でしたが、それもまた今だからこそご参拝できた証と清々しくも思いました。

熊野三山、思っていたとおり素晴らしいところでした。本当に来て良かった・・・。

雨に打たれ清めのご参拝となりましたが、大変良い思い出になりました。

この度は、長々と記事にお付き合いいただきましてありがとうございました。

次回はちょっと番外編でおしまいです<(_ _)>



いつも1ポチありがとうございます  
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

那智大社も那智の滝も行きましたよ~
友人の家が那智大社の参道にある家で昔は民宿を経営していたそうです。

友人の同級生も那智大社で巫女のアルバイトをする人が多かったそうです。

那智の滝もすごい迫力ですね

ダンナも独身時代に行ったことがあるそうです。


>創建2050年記念御朱印帳です。今回の目的の一つ・・・これが買いたかった(^^)


さすがですね~
御朱印帳からして神々しい・・・。
手元に欲しい一冊ですね


バスツアーは時間の制限はあるものの、自力で回るには大変ですもんね

回りたいところが多い場合は利用したいです
  • posted by ラーダ 
  • URL 
  • 2018.10/12 23:42分 
  • [Edit]

ラーダさんへ 

ラーダさん こんばんは。

>那智大社も那智の滝も行きましたよ~
>友人の家が那智大社の参道にある家で昔は民宿を経営していたそうです。

そうですか~~~
お友達、ずいぶん神聖なところにお住まいがあったのですね。
時々思うんですけれど、神社の近くに住めるって良いなぁ~と
羨ましく思います。
神様に好かれているのかなぁ、と、思ってしまいます。

>友人の同級生も那智大社で巫女のアルバイトをする人が多かったそうです。

ほう・・・やはり未婚の女性が巫女さんをするのでしょうね(^^)

>さすがですね~
>御朱印帳からして神々しい・・・。
>手元に欲しい一冊ですね

この後番外編でお知らせしようと思っていますが、2050年という記念もありますが、八咫烏のをあしらった御朱印帳が是非欲しかったのです。

>バスツアーは時間の制限はあるものの、自力で回るには大変ですもんね

確かに忙しいのですが、確実に回れます。
今回は神社からバスツアーの人限定でお土産が付いていて、得に鈴は嬉しかったです(^^)

また行くには遠いのですが、諦めないで行こうと思っています。
467段の階段が登れるうちに(笑)
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2018.10/13 17:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で認知行動療法やリラクセーションを主に成人女性専門のカウンセリングをしている心理カウンセラーの尾崎真澄です。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイスなどを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

QRコード

QR