FC2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

PMS(月経前症候群)対策と周囲のあり方

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。

気温は、日に日に下がっていきますが、秋晴れの気持ちの良いさいたま市です。
街の中にも紅葉が目に映る様になってきました。

前回の続きですが、PMSのチェック表からご自身がどの症状かがわかりましたら、症状の緩和のためセルフケアをしてみましょう。

身体のトラブルが多い方
・適度な運動と、良質な睡眠で身体を休めましょう。
・身体を動かし、汗をかく入浴をする、三食の食事をきちんととる。
・おやつの食べ過ぎに注意して、ビタミン・ミネラルの多い食事を心がけましょう。
・有酸素運動、特にウオーキングは気分転換にもなりますし良いでしょう。
・症状の最中は、塩分や刺激のある食事を避ける事で、むくみや肌荒れの解消になります。

心のトラブルが多い方
・PMS症状は辛いのですが、これも女性ホルモンが正常に働いている事と考えましょう。
・なんでも完璧にやろうとせず、家族や周りの人に助けて頂きましょう。
・休日には、リラックスをし好きな事に注意を向けて部屋にお花を飾ったり好きな音楽を聴いたりしましょう。
・アロマの香りやハーブティーなどでリラックスを心がけましょう。

行動のトラブルが多い方
・PMS期には何事も余裕を持って行動しましょう。
・重要な仕事はできるだけ、スケジュールマネジメントをして無理をしない事です。
・PMS期には家族や職場の仲間にも状況を伝え理解、協力して頂きましょ。
・手帳やカレンダーなどに注意する事、忘れない事などをこまめに書いてチェックしましょう。


ストレスのケア
自分にプレッシャーをかけないようにして下さい。「~しなくてはならない」「~でなければいけない」などの考え方をせず自分を責めないで「これで良い・これぐらいで十分」と自分を認めましょう。PMS期は脳が緊張していますから、腹式呼吸や爪の指圧でリラックスして下さい。

食事のケア
PMS期は特に朝食を抜かないように気をつけましょう。なるべく一日三食をバランス良く摂り、忙しい時のための簡易的な軽食なども用意し、ビタミンやミネラル豊富な玄米食を積極的にとって下さい。イライラするとチョコレートなどの甘いものを多く摂りたくなりますが摂り過ぎは、血糖値の上下、ビタミン、ミネラルの消耗になりますので注意して下さい。 
:飲酒・喫煙・塩分にも注意です。

運動でケア
身体を内側から温めるウォーキングをPMS期だけではなく、普段から習慣にするとPMSの改善にもなります。ウォーキングは五感を刺激し、自律神経が整ってきますし血流も良くなり、むくみの解消にもなります。バランスボールやヨガなども取り入れるとなお効果的です。

ルームでPMSにお悩みの方のほとんどの方が悩んでいらっしゃるのが、このような症状の中で心のトラブルが、強いパワーを持って配偶者(夫)に向いてしまうことです。辛さ、苦しさを分って欲しいだけなのですが、その激情した感情が後に自分でも信じがたいエネルギーで、もどかしさ苦しさから喧嘩になり、「離婚」を口走ってしまうケースも少なくありません。言った方は病気からですが、言われた方は傷つきます。病気が安定しているときに、対処方法を話合っておくことは大変重要です。

【家族や周囲の方の対処方法】
本人もどうしようもない状況に(症状)に悩まされている事をご理解下さい。特に、男性には到底理解できない事かもしれませんが病気だという事を 理解して頂きたいと思います。 大げさだとか、根性がないとか気まぐれ、我儘と受け取られやすく 約10日間ぐらいに起こる症状なので(過ぎるとケロッと症状が消える事がほとんどです)ますます誤解されます。

家族や周囲の理解が得られると、ご本人はずいぶん楽です。例えば、変貌期を「スーパー花子さん」とか「モンスター花子さん」などPMS期のご本人に、ニックネームをつけて、「そろそろ変身の時期だね~」なんてご本人に PMS期の認識をさせてあげて、セルフケアにつとめる様に促してあげま しょう。

暴言、イライラなどがあった場合は「スーパー、モンスター花子さん登場のようです ね~ 退散します!」とその場を一人にして落ち着かせてあげて下さい。 止めようとしたり、言い聞かせたりなどは逆効果になります。

時間がたてば、ご本人も落ち着きます。 自分は今『スパー・モンスター花子期なんだ。私自身じゃないのだ』と PMS期を自覚し、自分を責める事の軽減にもなります。自分一人の場合もこのセルフケアは有効だと思います。とにかく、PMS期を自覚し症状に対する対策をし上手に受け流せると良いかと思いますが、難しいのもわかります・・・。

様子を見て、温かいお茶でも飲んだり痛い所をさすってあげると良いでしょう。ケアをする家族や周囲の方も大変かもしれませんが、周囲の協力が症状の改善や軽減になります。

*症状が重症、改善しない場合は無理をせずに専門医(婦人科・精神科)の診断・指示を受けて下さい。 


IMG_6079.jpg
街の中にも紅葉を感じます・・・モミジ大好きです(^^)


いつも1ポチありがとうございます  
スポンサーサイト



*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2019.11/21 16:56分 
  • [Edit]

鍵コメさんへ 

鍵コメさん こんばんは。

そちらに伺いますね。
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2019.11/22 15:44分 
  • [Edit]

NoTitle 

私は40歳の声を聞いた頃から変化がどかっと出て戸惑いましたね

人の体と心は日々変動しているのだと思い、ある時から「そうだよね」と受け入れました。

受け入れてしまうと自分なりの対処法もわかってくるって感じかな~

まだ更年期らしきものは来ないけど、いつか「とうとう来たか」と思う日が来るのでしょうか
  • posted by ラーダ・ドゥーナ 
  • URL 
  • 2019.11/22 23:18分 
  • [Edit]

ラーダさんへ 

ラーダさん こんにちは。

>私は40歳の声を聞いた頃から変化がどかっと出て戸惑いましたね
>人の体と心は日々変動しているのだと思い、ある時から「そうだよね」と受け入れました。

私もです!視力も良かった分老眼も早かったです。
更年期らしき物は、ホットフラッシュですかね~
そして先日の目眩・・・粛々と受け入れています(笑)

>受け入れてしまうと自分なりの対処法もわかってくるって感じかな~

そう思いますよ・・・
「私に更年期など無い!」と口癖のように言っていた方が、見ていると随分苦しい思いをされたような気がします。
それでも、更年期での不調じゃ無いと言い張っていましたが・・・
時に、受け入れて上手く付き合っていくのは、心のお病気を悪化させない方法でもあります。

押したり引いたり、人生は緩急が大切ですね(^^)
  • posted by masumi 
  • URL 
  • 2019.11/23 15:42分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で認知行動療法やリラクセーションを主に成人女性専門のカウンセリングをしている心理カウンセラーの尾崎真澄です。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイスなどを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

QRコード

QR