FC2ブログ

カウンセリングルームM.heart

カウンセラーのhealing diaryです。

Entries

小正月

自立支援医療制度:心身のお病気の医療費の自己負担額を軽減する公費です。

今日は小正月についてです。

小正月は、1月15日とする考え方が一般的ですが、1月14日から16日までの三日間を小正月とする考え方もあるそうです。 中には、14日の日没から15日の日没までとする考え方もあります。

小正月は別名、女正月(おんなしょうがつ)ともいいます。
女性が1月14日までの松の内(お正月の間)準備や親せき、来客者の接待、お正月飾り等の片づけで忙しくしたのが落ち着き、一息付く日として1月15日を指すそうです。

この日は男性が家事を手伝うなど、その労を労うという習慣があります。小豆粥は冬至の日や年越しの朝に食べる地域もありますが、小正月に食べるのが最も広まっています。小豆はその色が朱色・赤色であることからアジア地域で邪気を払う力を持つと言われており、 豆は「魔(ま)を滅(めっ)する」という言葉からも一年間の無病息災を願って食べられるそうです。

実際に小豆には、健康成分のポリフェノールを多く含んでおり、たんぱく質、食物繊維、ビタミン類も豊富に含んでいるパワーフードです。栄養価も高いので、小豆粥を小正月に食べて寒い冬を乗り越え様という先人の知恵でしょうか。

小正月にはもう一つ「もち花」。
ミズキ(地域によってはヌルデやヤナギの木)の枝に食紅で色づけされた色とりどりの団子を飾り、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈る小正月の行事で、地方によっては「めっこ団子」とも呼ばれます。「めっこ」とは繭(まゆ)のことで、養蚕(ようさん)がうまくいくようにという願いが込められていたとも言われます。このことから「まゆ玉」とも呼ばれます。

繭玉というのは、米粉から作った白玉のような真ん丸の団子に色を付けて、同じように木の枝に刺して飾るものです。
北海道でのお正月はこれをたくさん飾っていました(*^_^*)

IMG_6331.jpg
小正月のアレンジ・・・繭玉を入れて作ってみました。



いつも1ポチありがとうございます      
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

カウンセリングルーム

data4.gif

プロフィール

masumi

Author:masumi
埼玉県さいたま市で、認知行動療法やリラクセーションを主にカウンセリングをしている心理カウンセラーです。
ティータイムに思ったことや、健康メンタルケアのアドバイス、時々パワースポット、御朱印の旅もあります。芍薬が大好きでお花巡りもお楽しみに。

お願い
ブログ内の記事に関しましては、許可なくコピー・転載などは、禁じさせて頂いておりますので、宜しくお願い致します。

FC2カウンター

Web page translation

Riverdance

リバーダンス感動的なフィナーレです。

Riverdance

フィナーレの後の全員紹介です。

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

検索フォーム

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

「カウンセラーのhealing diary」でランキングに登録しました。1クリックが励みになります。応援よろしくお願いします。

最新記事

月別アーカイブ

QRコード

QR